母乳育児のメリット(赤ちゃん編)

いつもいつもお疲れさま★本当に育児はたいへんだよね。。。 幸せ母乳育児

おすすめ便利!授乳服はこちら


母乳育児の先輩ママ
あなたのお悩みスッキリ解決

母乳育児のメリット(赤ちゃん編)


なぜ私が母乳育児をしようとしたか?
それはやっぱり、赤ちゃんにもママである私にも、たくさんのいいことがあるって知ったからです。

赤ちゃんへのメリット

○栄養いっぱいの完全食

母乳には、乳糖、脂肪、たんぱく質、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がつまっています。
そしてそれらの栄養素は、赤ちゃんの消化器官をはじめとする内臓に、負担をかけないようにできている優れものなんです。

○消化吸収がよい。

母乳の栄養素は、赤ちゃんにとても吸収しやすいようにできています。
だから、身体に負担をかけず、アレルギー体質にもなりにくい、といわれています。
ちなみに・・・
母乳の中の、「乳糖」という成分。
乳児は「乳糖」を消化する酵素を持っていますが、成人は「乳糖」を消化できないというから不思議ですね。

○母乳は病気になりにくい

母乳には細菌やウィルスが体に侵入して病気になるのを防ぐ、免疫グログリンという物質が含まれています。
また腸内を健康に保つビフィズス因子、殺菌作用を持つラクトフェリンやリゾチーム、白血球など、身体を守る物質がたくさん含まれています。
そのため、丈夫な子になりやすくなり、母乳をあげている間は病気にかかりにくいのです。

○母子のスキンシップを育む

お母さんに抱かれながら懸命に母乳を飲む赤ちゃん。
赤ちゃんはお母さんに触れながら、たくさんのぬくもり、温かさを感じながら育っていきます。
安心感や愛を感じながら成長した人間は、よりよき成長をしていくのではないかな。

○ほしいときに飲めて衛生的。

ミルクのように、用意がとくに要らないので、すぐに飲ませてあげることが出来ます。
直接お母さんのおっぱいから出てくるものなので、外的要因の衛生面で安心ですね。

【我が家の場合】
育児書などをみると、随時消毒綿でふいてからあげましょう、みたいに書いてありましたが、私は、そうしたのは本当に最初だけでした。
じきに何もせずにあげていましたが、なんの問題もなかったです。
汗はふいていまたけどね^^

○顎(あご)の発育を促してくれる

母乳を飲むためには、顎や舌などをたくさん使いますよね。
このおっぱいを吸う行為は、とっても顎の発達を促してくれます。
顎が発達すると、咀嚼力(そしゃくりょく)も発達して、よく噛む子どもになります。
そして、歯並びもきれいになりますよ。

【我が家の場合】
二人とも、とっても歯並びがきれいです。
顔が小さいので(←これだけはモデルなみ、笑)=口も小さく、歯並びを心配したのですが、本当に綺麗でうらやましいです。
噛むことも、わりとできていると感じます。

○脳へのよい刺激となる

母乳を飲むときには、赤ちゃんはたくさんの筋力をつかっています。
その刺激は脳へと伝わり、たくさんの刺激を受けた脳はよりよい発達をしていき、運動神経や頭がよくなると言われています。

【我が家の場合】
ずば抜けて運動神経や頭がいい!というわけではないですが^^:
手先の器用さに関しては、すごくいいな、と感じていますよ。


母乳育児MENU一覧
管理人プロフィール
お問い合わせ
HOME
パソコンページ

Copyright (C) 2004-2013
母乳育児のお悩み解決
All Rights Reserved.