母乳に良い食べ物

いつもいつもお疲れさま★本当に育児はたいへんだよね。。。 幸せ母乳育児

おすすめ便利!授乳服はこちら


母乳育児の先輩ママ
あなたのお悩みスッキリ解決

母乳に良い食べ物


あたたかい食べ物や和食をよく噛んで食べる!がGoodです。
そしてできるだけ腹8分目を心がけて。

ご飯、豆腐、納豆、白身魚、小魚、脂肪少なめのお肉、青菜のおひたし、野菜根菜の煮もの、サラダ、具だくさんのお味噌汁、鍋物などがいいです。

水分補給は、なるべく温かい飲み物で。
飲み物の中にしょうがを入れるとよりGoodです。

「血液どろどろベトベト状態は健康に悪い」とはよく聞く言葉ですね。

ドロドロ血液⇒脂質の取りすぎ
ベトベト血液⇒糖質の取りすぎ

赤ちゃんの血となり肉となる母乳は、ママの血液から作られています。
だから、大切なかわいい我がこのため、血液をサラサラ状態にするよう心がけましょう。

もちろん、赤ちゃんのためだけではなく、ママや家族の健康にもいいですよ。
サラサラ血液になるんですもの。

妊娠授乳をきっかけにヘルシー生活に切り替えるのもいいですね。
ご家族にも、赤ちゃんのためだから、という説得力があると、了解をしてもらいやすいです。

母乳に悪い食べ物の項目にも書いてありますが、出産してすぐは特に、乳管がまだ開ききっていないために、高カロリー、高脂肪、高糖分のものはおっぱいをとても詰まりやすくしますので、気をつけるべき食品です。

もちろん、授乳中はずっと心がけた方がいいのですが、あまりキツキツに自分をしばってしまうとストレスが溜まりますので、
「いい加減」は「良い加減」で^^

とはいえ、おっぱいが張りやすいママ、詰まりやすいママ、乳腺炎になりやすいママは、より注意が必要です。
また、ママが風邪気味の時や睡眠不足、疲れが溜まっているような体調の時にもおっぱいトラブルが起こりやすいので、そのような時には特に食事に気を配ってくださいね。


また、授乳中は異様なほどに食欲があり、驚くばかりの量を食べてしまいますね。
しかも、母乳を出しているから、いくら食べても太らない。
だからいいんだ!

・・・だと過去の私のようでオススメできません^^;
それだと体力がかなり失われるのですね。
指とかも、ひび割れてしまって、いつも痛くて大変な状態になってしまうことも。

人間って、食べ物の消化にかなりエネルギーや酵素を費やす生き物なのです。

「まあ、カロリー消費できてダイエット!いいわぁー」では・・・
ありませんから~

消化活動にばかりエネルギーや酵素が回されて、【体力が消耗して免疫力が落ちる】ということなんです。
そうなると、風邪を引きやすくなったり、風邪が治りにくかったり、
他に疾病がある場合には、その治癒のほうにエネルギーを回せなくなったりなど、いいことないんです。

また、現代人の食欲って、本当に空腹を満たすため、って少ないんですよね。
実は食欲の根源は【ストレス】だったりします。

ましてや授乳中ママは、いくら我が子がかわいいとはいえ、ストレスでいっぱいママが多いはず。
とくに旦那様が育児参加してくれなかったり話を聞いてくれなかったりするのであればなおのことです。

そのストレス解消も、赤ちゃんが小さいうちは選択肢も限られます。
そこで一番お手軽な解消方法は、「食欲」となるわけです。

もしかして・・・
あなたの食欲旺盛なのは、母乳のせいではなく、ストレス解消のためかもしれませんよ!

そんなことも感じて、ストレス解消方法を他にみつけてみたりしながら、食欲を調整してみてください。

※「母乳育児のストレス解消」の項目も参考にしてみてください

でもね、私、「満腹感」って大好きなんです^^
そういうママも多いはず。
だからね、「いい加減」は「良い加減」

昨日食べ過ぎちゃったから、今日はちょっと控えよう、くらいに。
やってしまったこと後悔はせず(これもストレスの元凶)に、その日にできることを!ね^^

また、ご飯についてですが、「玄米食」はあまりオススメできません。
雑穀を混ぜたご飯がオススメです。

詳細は、「自然育児」の項目を参照してください。


母乳育児MENU一覧
管理人プロフィール
お問い合わせ
HOME
パソコンページ

Copyright (C) 2004-2013
母乳育児のお悩み解決
All Rights Reserved.