授乳ママと赤ちゃんのケア★玄米ホットパック編

いつもいつもお疲れさま★本当に育児はたいへんだよね。。。 幸せ母乳育児

おすすめ便利!授乳服はこちら


母乳育児の先輩ママ
あなたのお悩みスッキリ解決

授乳ママと赤ちゃんのケア★玄米ホットパック編


授乳中ママは、温かい質の良いおっぱいを出したいですよね。
そして、体の疲れもとりたい。
赤ちゃんの機嫌もよくしたい。

そんなときにオススメなのが、この「玄米ホットパック」です。

◆玄米ホットパック(玄米温め袋)の作り方

自分の身体にのせたい大きさの倍の布を用意します。
または、100円ショップなどで、薄手のタオルを買ってきて、半分に切ります。1辺を残し、周りをぐるりと縫います。
その中に、500gくらいの玄米か小豆を入れて、口を縫ってとめます。出来上がり!

これも面倒!というかたは、100円ショップで、布袋を買ってきて入れ、口を閉じます。
中身がこぼれてこないように気をつけてくださいね。

※タオル地はお手軽ですが、時間がたつとほころびが目立ち、見た目は汚くなってしまいます。

◆玄米温め袋(玄米ホットパック)の使い方

電子レンジで1分半から2分半、チン! 温度設定できるレンジは、75℃くらいがオススメ。

【注意】熱すぎるのを我慢してはNGです。からだに心地よい温かさにしてくださいね。

温かさがゆったり持続して、体の芯から温まります。

授乳の前におっぱいに当ててください。
血行がよくなりますよ。

お腹や臓器の要、肝臓と腎臓を温めてあげると、とっても身体が喜びます。

肝臓の場所⇒ 心臓と反対側あたり、右のおっぱいの下です。

腎臓の場所⇒ ウエストのあたりの背中側に2つあります。


育児と授乳で疲れた身体は、内臓からお疲れなんです。
これでお手軽にケアしてあげてください。

婦人系のことで悩んでいる人は、ぜひ子宮のあたりに。
生理が始まったママは、生理中には、積極的にお腹のあたりを温めるとともに、尾骨(仙骨)のあたりにものせてください。

座っているときは、太ももの上にのせると下半身の冷え対策に。
太ももは、全身の四分の一の筋肉が集まっているから、冷えの要のひとつでもあるのです。

食前に、3分くらいお腹の上にのせて温めると、消化能力が高まったり、食べ過ぎ防止になります。

眠るときには、お腹などにそのまま当てて眠ってみてください。
寝つきもよく、眠りが深くなります。
夏場など暑くて眠れない時でも、寝る前3分のせるだけで、眠りの質が変わります。

泣いてばかりいる赤ちゃんは、体が冷えて硬くなっていることも多いです。
内臓を温めてあげることでリラックスして体が温まり、そしてやわらかくなって、睡眠が深くなります。

ただ、赤ちゃんには温度に細心の注意をはらってくださいね。


ホッカイロなどの温めは、体の表面だけを温めます。実はその時に、体の中の血液も集めてきて温めるのです。

すると、内臓が余計に冷えてしまうこともありますので、注意してくださいね。
その点、このあたため袋は大丈夫!内臓まで届いて温めてくれますよ。


◆作った後、どのくらいの期間つかえるの?

使用頻度によっても違いますが、我が家は1年以上経った今でもまだ使えています。
夜だけではなく、1日に数回、レンジでチン!して使っています。

◆ほしいけど作れなーい!という方へ

こちらのHP【玄米ホットパック
に手作り品販売があります。


母乳育児MENU一覧
管理人プロフィール
お問い合わせ
HOME
パソコンページ

Copyright (C) 2004-2013
母乳育児のお悩み解決
All Rights Reserved.