授乳時間と間隔、回数

いつもいつもお疲れさま★本当に育児はたいへんだよね。。。 幸せ母乳育児

おすすめ便利!授乳服はこちら


母乳育児の先輩ママ
あなたのお悩みスッキリ解決

授乳時間と間隔、回数


私の場合は、時間も間隔も、まったく気にしないで子どもがほしがれば母乳をあげていました。
母乳は、「母乳の基本」ページにもあるように、「赤ちゃんに吸われること」でどんどん出が良くなっていきます。

だから、とくに最初の3ヶ月はあきらめずにがんばって、時間や回数にこだわらないであげてほしいです。

3ヶ月もすると軌道に乗ってきて、母乳育児の自信がついてきますから。

実際に、私は出が良くなかったくちです。

産後、となりのベッドのママは、おっぱいが大きくて、ビュービュー飛び出し出すぎてたいへん!という感じ。
となりの私は何度それを見て落ち込んだことでしょう。

家に帰ってきてからも、泣いてばかりのわが子をみるにつけ、自分のおっぱいに自信をなくしました。

それでもかわいい我が子の顔をみると、母乳育児がんばる!そんな勇気が湧いてきたのでした。
そして、じきに3ヶ月が過ぎようとしていた頃、やっと自分のおっぱいの出に自信が持てたのです。

育児書などをみると、「大きくなったら授乳の回数を減らして、離乳食に向けて間隔リズムをつけましょう。」などと書いてあった記憶があります。

でも逆に、大きくなっていくとより、食欲だけではなくて
寂しいから、ママにくっつきたいから、眠たいからおしゃぶりの代わりに、不安な感じを解消したいから、などの情緒的なもので、おっぱいの回数が増えることもよくありますよ。

もちろん個人差もあると思います。

離乳食が進むととくに、授乳回数が自然に減ってきたり、母乳を飲まなくなる赤ちゃんもいます。
それはそれでそういう個性なんだと受け止めて、その赤ちゃんのリズムに合わせてあげるのがよいですね。

ただ、授乳回数があまりに減ると、おっぱいが詰まりやすくなり、乳腺炎になる場合もあるので、ある程度はおっぱいの様子を見ながら回数を調節したほうがいいです。

その場合は、回数の調節だけではなく、食べ物に気をつけて詰まらないおっぱいを心がけてください。

おっぱいは、時間が経つと溜まっている乳に関してはやっぱり古くなります。

いつも新鮮な母乳を飲ませてあげたいですものね。
常に回転している母乳は乳質も良く味も美味しいようですよ。

ただ、常に常におっぱいをほしがる場合には気をつけることもあります。
おっぱいは湧き出る。
とはいっても、やっぱり全く間隔があかない場合には、出が悪いです。

一日中いつもおっぱいをあげているみたいで、それがママのストレスになってしまうことも。

私の場合はこれに近く、それでもがんばって泣かせちゃいけない、とばかりに頑張っていたんですが、今振り返ると、ちょっと頑張りすぎだったかな。。。と感じます。

おっぱいが切れてしまったこともありますしね^^;

気をそらせたり、泣くことを少し気にならなく感じてみたり(泣いてばかりの赤ちゃんの項目もご覧下さい)ちょっとの間でも誰かに預けてひとりの時間を持ったり、つらくなったら間隔を少しあける工夫をしてみてくださいね!


母乳育児MENU一覧
管理人プロフィール
お問い合わせ
HOME
パソコンページ

Copyright (C) 2004-2013
母乳育児のお悩み解決
All Rights Reserved.