母乳と抗生物質・麻酔

いつもいつもお疲れさま★本当に育児はたいへんだよね。。。 幸せ母乳育児

おすすめ便利!授乳服はこちら


母乳育児の先輩ママ
あなたのお悩みスッキリ解決

母乳と抗生物質・麻酔


インフルエンザや高熱の出る風邪の時などに処方される抗生物質、歯の治療時に使う麻酔薬など、断乳をすすめられたり、一時的に母乳をストップしなければならない場合が多いようです。

私の場合は、歯医者の麻酔薬で一時ストップしました。
妊娠中や授乳中って、カルシウムが母乳にいくせいか?私の場合、歯がとても弱くなります。

このとき、母乳に与える影響を心配して、治療後1日はおっぱいをあげられませんでした。
そんな時、母乳がつまりがちになります。

私の場合には、治療日がわかっていましたので、前もって食事に充分注意をして、甘いものや脂肪分の多いものは徹底的に控えました。

治療後3日間くらいも同様です。

それでもおっぱいは張ってくるので、乳腺炎などになったら大変!

また、母乳を溜まりっぱなしにしておくと、再開しようとした時に、出が悪くなる場合があるそうです。

断乳のときと同じで、母乳の分泌はもう不要?と脳と体が判断して、新たに母乳を作ることをやめてしまうからです。

あまり張らない場合でも、そのままにしておいたり、張った時だけ搾るというようにすると、母乳の分泌が減ってしまうこともあるのです。

そのため、母乳を一時中断するときには、おっぱいが張っても張らなくても、ある程度の時間を決めて搾乳することをオススメします。
それでも張ってしまうとき、私は「里芋湿布」や「キャベツ湿布」で乗り切りました。(乳腺炎になったとき)の項目参照)

もし近くに母乳マッサージの助産婦さんがいたら、圧抜きなどお願いするといいですね。

とくに、再開する時には、古い母乳が溜まっている場合があるので、それを搾り出してからがおいしいおっぱいをあげられます。
薬が混じったおっぱいは、苦いそうです。。

赤ちゃんには、ちゃんと事情を説明するように語ってあげてください。

まだ言葉がわからない、と思うかもしれませんが、大丈夫!赤ちゃんはちゃんと感じます。

だからちゃんと、
「ママ、薬を飲まないといけないの。おっぱいがまずくなっちゃうから、これから少しだけ我慢してね。」

そして、頑張って我慢していた赤ちゃんに、
「我慢してくれてありがとう。またおいしいおっぱいを飲んでね。」
って、語ってあげてくださいね^^


母乳育児MENU一覧
管理人プロフィール
お問い合わせ
HOME
パソコンページ

Copyright (C) 2004-2013
母乳育児のお悩み解決
All Rights Reserved.